暮らすように神戸旅行~子連れママnaoの神戸観光ブログ

海と山に抱かれた、雰囲気のある港町、神戸。ガイドブックにはのっていない、ディープな神戸情報、発信します☆子連れ旅行にもおすすめですー。

カテゴリ :  L 建物・景色

GWに、神戸からドライブしてきたところ。それが、岡山県和気町♪
藤まつり1 












藤の種類が日本一・・・という 藤公園があるのです☆



オススメだったので、詳細の記事はこっちでアップしています↓

紫の雲の下を歩く~岡山・和気の藤まつり


満開の藤は、けむるような薄紫で、ほんとうに綺麗。ぜひ、いってみてほしいなぁ・・・って思います☆


あ!けっこう混雑するので(たぶん、次の週末くらいは特に)、朝の早い時間など、ちょっと時間ずらすのがオススメです。私は9時前につきましたが、10時頃出るときには駐車場、もう行列になってました・・・。

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村







ブログネタ
忘れられない旅の話~国内編~ に参加中!
このあいだ、摩耶山の掬星台に行ってきました。


神戸は、歩いていける夜景スポットも多いけど、ドライブで行くならぜったいここがオススメですよ。


神戸1000万ドルの夜景っていわれるくらいの場所です。

P1000716


17時半くらいについたら、まだ明るくて、日没を待っての夜景観賞となりました。

こっちは、六甲アイランドの方を撮った写真。で、向こう側のほそーいスジが、関空付近です。


ものすごくきれいでロマンティックなので、カップルだといいなあ、と思ったのでした。


子連れで行ったのですが、ムスメは寒かったみたいで震えていました。たこやきが売っていたので買って食べさせたけど、寒いので早々に退散。


なにはともあれ、とてもきれいな夜景が見られて、満足なドライブでした。


神戸の中心から、30分くらいですよ~


詳しいガイド記事はこちらに書いています。↓↓

星を掬えるほどの光の海。摩耶山「掬星台」~神戸の夜景vol.1

お近くではこちらもおすすめ。
恋人たちの夜景、ビーナスブリッジ~神戸の夜景vol.3

見てみてくださいね~


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村



ちょっと前に記事にした、

銀色のススキの大草原!秋の砥峰高原へ


の記事について、少し追記しておきますね。


まず、道の混み具合を気にされる方がきっと多いと思いますが、


混みます。


・・・というよりは、山奥なので、ふだんそれほど交通量がある場所ではないんですね。

だから道も細いし、車線も少ないんですが、なのに、この季節はすごくきれいで観光客がぐっと多くなるので、混む。ということです。


我が家が行った日は、朝の11時くらいに砥峰高原につく感じで行きましたが、すでにメインの駐車場は満車。

ただ、すぐ近くの駐車場にはまだ停めることができました。

昼すぎだと、ちょっとつらいかもしれないですね。


まあ、安心なのは朝いちばんで行っちゃうことだと思います~。


そして、前記事でも書いたのですが、裏道について。

砥峰高原に行くには、39号線を通っていくのが一般的かと思いますが、我が家は、県道8号線を使って峰山高原へ行き(ちなみに峰山高原も、ノルウェイの森のロケ地)、峰山高原から砥峰高原へ抜けるおおかわち高原ラインを通っていきました。

このルートは混まなかったです。

ただ、おおかわち高原ラインって最近できた道みたいで、ナビとかでは出てこない率高し。

道は、山道です。

ちなみに携帯の電波は圏外です。


そして、帰りは砥峰高原から福知渓谷へ抜けるルートを使い、そこから福知渓谷を見て帰りましたが、ここはもみじの名所。
そろそろ見ごろになるころかもしれません。


ただ、砥峰高原から福知渓谷へ抜けるルートは、数年前の豪雨災害の影響かな?現在通行止め。
日曜と祝日だけ通行できるようになっていますのでご注意を。

ちなみに道はかなり細い山道なので、運転に自信のない方は避けておいたほうがいいかも・・・。


以上、もろもろの追記、でした。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

↑ランキング参加中。


神戸から、一時間くらい走った兵庫県中部の砥峰高原。

ここは、ススキの大草原が有名。秋の風物詩ですね。

映画「ノルウェイの森」、大河ドラマ「平清盛」のロケ地としても有名。

ではまずは、その光景を・・・。

05ラスト

高原に、銀色の帯がきらきら輝いて、とてもきれい!
DSC03482
03DSC03461

ススキの草原の間の道を散策できるので、ハイキングがオススメですよ☆

ロケ地のパネルも。
02かんばん
見ごろは、10月中旬~11月中旬だそう。

今年はちょっと見ごろが早め、とのことでした。11月初旬くらいまでに行くのがいいかもですね。
時間は、15時半くらいについて、夕景にさしかかる時間がオススメです。

最近は、休日はとても混むらしいのでご注意を。
混雑を避けるなら朝の早い時間か、

わたしたちは裏道・・・峰山高原から回って、砥峰高原へ抜けられる「大河内高原ライン」を通っていくと混みませんでした。

そこから帰りは、福知渓谷へ抜けました。


そうそう、砥峰高原の前にある「とのみね自然交流館」が砥峰高原散策の起点となります。

遠出するならグルメも楽しみたいところですが、
ここに、地元産のゆずを使ったゆずジュースや、おいしいお菓子あんまきなどがあります。
あと、平家そばどころ「交流庵」というお食事どころもあるので、食事も可能ですよ。

秋の風景、とても素敵なので、ぜひ見てくださいね。


砥峰高原 混み具合

※混み具合や裏道について、追記を記事にしました。行く方はチェックしてくださいね。


にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

↑ランキング参
加中!

神戸といえば異人館街かベイエリア?っていうくらい、神戸観光には外せないスポットですよね。神戸北野。

今日はそのなかから、一番オススメ、な館をご紹介します。


それは、うろこの家。

01

山をバックにたたずむこの館、なんだかお城のようでしょ??

異人館ランキングがあったらきっと一位。もしくは二位。

神戸北野では、風見鶏の館とうろこの家は、ツートップかな。

時間のない方は、とりあえずこの2館を見ると いいと思います♪

03
入館料は1000円。

なかには、アンティークのコレクションや、当時そのままのインテリアがあります。

そして、併設の美術館も雰囲気があって素敵。


そして、3階部分は窓が広くとられていて、展望フロアっぽくなっています。
04

うろこの家は異人館街のなかでも、高台のちょっと離れたところに建っています。

急こう配な坂でなかなかシンドイ。。。ので、歩きやすい靴で、ぜひどうぞ♪

にほんブログ村 地域生活(街) 関西ブログ 神戸情報へ
にほんブログ村

↑ランキング参加しています♪


このページのトップヘ